Q:自分のニオイってどうしてわからないんだろう?自分が臭っているか調べる方法は?

登場人物B

A:それは私達の脳がフィルターをかけて自分のニオイをけしてしまうからです。
自分のニオイを確認するには別のものにニオイを移す方法があります。
ハンカチやティッシュで自分の体を拭いてしばらくして嗅いでみてください。

登場人物A

Q:同じ部署に加齢臭がする人がいるんだけど、どうやって伝えたらいいでしょう?
仕事にも差し支えるくささです。本人は気づいてないみたい。

登場人物B

A:個人攻撃にならないよう伝えることは本当に難しいですね。
でも指摘してあげるのも思いやりです。直接的にでなく『あなたの服や持ち物が臭う』とズラシの手法を使うのはどうでしょう。他にもいろいろ伝え方はあります。あまり深刻にならずさらっと言うのが理想ですね。

登場人物A

Q:加齢臭に季節ってあるの?いつが一番気をつける季節?

登場人物B

A:実は寒いシーズンが要注意です。汗をかく機会は確かに減るのですが、皮脂の分泌は1年通しておなじです。夏と同じように毎日きちんとお風呂に入りましょう。

登場人物A

Q:中年になって加齢臭がする人としない人がいます。その差はなんでしょう?

登場人物B

清潔にしているとの前提で考えると、喫煙の有無、ストレス度合い、運動の習慣があるかないかが大きいと思われます。喫煙はもちろん、ストレスを抱えた状態だと体の中で大量に活性酸素が生まれます。この活性酸素に加齢要素が加わると加齢臭が発生する可能性が高くなります。運動習慣の有無も同様な理由です。